CBD JAPANプロジェクト概要

本プロジェクトは, 世界の医療人と患者に"毒性の無い大麻"CBD、医療大麻と呼びます。

日本では"大麻"というと麻薬、不法薬物 その他の「精神障害"など 不正のイメージが強いかもしれない。 しかし、今、北米をはじめとする世界では、 そのイメージが完全に払拭され、その効能の高さから 治療の救世主に選定されています。 大麻は大きく"毒性の無い大麻"CBD、"よく知られている麻薬"THCの2つの成分があります。

したがってTHCが含まれた製品は、日本および多くの地域で大麻取締法により扱うことができません。 一方CBDは副作用の心配がなく、各種の病気の治療に効果があると言われています。 したがって、このCBDの成分を油に溶かして飲用できるように加工したCBDオイル"とCBDサプリメント"などは日本で販売所有したり使用することは合法的です。

CBDJ財団は、1CBDJ Coinの価値を0.002mlの自社CBD Oilに交換できるようブロックチェーン技術で保障することで、透明かつ安定的な流通構造を設計しました。

これは間接的にCBDJ投資者にCBD Oilを購入·販売できる権限を与え、投資家、機関、顧客ともにCBDJトークンを通じて相互間の取引または決済を可能にする好循環構造を作ろうとしています。

CBDとその効能

  • 痛み炎症の緩和
  • 「CBD」の効能の中で最も認められているのは鎮痛作用です。.CBD'は痛症伝達経路のニューロンの信号伝達を抑制し、痛症調節に役立っています。

  • 不安感抑制
  • 「CBD」は"心が安定""休息がある"などの効果が報告されています。 「CBD」は社会不安障害を持つ患者の不安を緩和することが分かった。

  • 発作症状を抑制
  • 「CBD」は小児てんかんの発作抑制にも効果があることが報告されています。 CBDが脚光を浴び始めたのは、2013年にアメリカのCNNで放送されたドキュメンタリーです。 "ドラベット症候群の少女が1週間に数百回の発作があったが、CBDが豊富に入った製品のおかげで発作が0回になったという衝撃的な事実を扱いました。

  • 神経保護効果
  • 「CBD」神経保護効果を持っています。 小児てんかんでよく起こる発作に対する脳損傷が発生発育が遅延なる場合が多いですが、 「CBD」は脳損傷を復旧できるのも注目されています。 また、米国政府が'CBD'の神経保護作用に対する特許を多く所有していることからも「CBD」の効用度が非常に高いことを知ることができます。

  • 治療効果
  • 様々な科学報告書でCBDの効能にがん細胞の転移、接着剤及びその他の浸潤を抑制する抗増殖効果が含まれていることが立証されています。 特に化学療法を受けたとき、吐き気·嘔吐を抑える効果があることも証明されています。

  • 抗精神病効果
  • 「CBD」の効能の一つには抗精神病効果があると言われています。 「CBD」は非定型抗精神病薬に似た薬理学的特性を持ち、海外では統合失調症に対する「CBD」精神病効果について活発に研究されています。

  • 抗酸化作用
  • 「CBD」は抗酸化作用を持つことで知られており、アンチエイジン グに効果があることが立証されています。 米国では"CBDオイル "を導入したスキンケア製品が多く販売されています。

トークンの設計

  • 製造者
  • CBDの原料栽培農家、農場所有者、製造工場、その他の業者を総称して"製造者"といいます。

  • 売り手
  • CBDJトークンを市場で取得し、"製造者"からCBD製品を購入、医療機関または顧客に販売します。

  • トークン発行主体
  • 経済圏全体を見据えて健全な市場形成を構築するため、トークンを発行量を決定します。

  • 医療機関
  • CBDJトークンを市場で取得、"製造者"と"販売者"からCBD製品購入者へ処方できます。

  • 購入者
  • CBDJトークンを市場で取得、または医療機関でCBD製品を購入します。

  • 第三者評価機関
  • 市場に流通するCBD製品原料の追跡から商品及びサービスの流通経路の評価まで安全業務を担当します。

トークン情報

トークン名称

CBDJ

トークン記号

CBDJ

総発行枚数

1,000,000,000 CBDJ

トークン·タイプ

ERC-20

コントラクトアドレス

0x9b454882aE3BF4c42a79B4317ae9D4a83AA4eF62

パートナーシップ

Team

Project Team Member

team
植松典子
CEO & Lead Blockchain
×
team

植松典子

CEO & Lead Blockchain

  • エイジングケア化粧品"胎盤原液"専門家
  • 代替療法を基に有機栽培漢方生薬の最新エイジング成分をプラスして"肌"·"体"
  • 4年前より"CBD(カーナビジオール)"原料に着目し、アルツハイマー予防、睡眠障害や小児てんかんなどの神経系疾患の効果のデータをもとにサンプルテストを開始
  • 本プロジェクトの発起人
team
미정
CMO
×
team

미정

CMO

team
미정
CTO
×
team

미정

CTO

FAQs

CBDとはなんですか?

日本の法律では、"THC(Tetrahydrocannabinol=テトラヒドロカンナビノール)"を含まない大麻の成熟した茎または種から抽出すると、麻薬取締法に抵触しません。

日本の法律では、"THC(Tetrahydrocannabinol=テトラヒドロカンナビノール)"を含まない大麻の成熟した茎または種から抽出すると、麻薬取締法に抵触しません。

輸入前に必要書類を準備し、麻薬取締局に確認を行い、許可を受けた後、薬務課の検疫所に 事前相談を行い、輸入通関手続きを行います。 収入については事業許可が必要です。

  • 「CBD」の成分分析表(メーカー代表者の署名と日付の可能な詳細。 最低限"THC"が含まれていないことを示す必要。 )
  • 「CBD」の製造工程の写真(成熟した茎または種を原料としているか、これらが現在の製造 ラインに載っているか及びその製造ライン製造会社の管理下にあることを表示可能な詳細な 写真。 日付が入っているそうだ。 )
  • 「CBD」が成熟した茎と種を原料としているかの誓約書(メーカー代表の署名と日付が必 要です。 )

「CBD」は医薬品ではないので、「CBD」を原料に製品化された食品化粧品に対する誰でも販売できます

ロードマップ

Contact US

Any question? Reach out to us and we’ll get back to you shortly.

  • support@cbdj.asia
  • Join us on Telegram